コーヒー 食品

カフェインレスコーヒーって大丈夫?安全性は?

欧米では既に一般的になっているカフェインレス(デカフェ)コーヒー。近年、日本国内でも注目され確実に利用者が増加しています。

しかし
「どんな作り方をしているの?」
「危険な薬品を使っているのでは?」
「健康面での影響が心配」
「通常のコーヒーより美味しくない」

といった声が少なからずあり、利用を躊躇している方も多いはず。

カフェインはどうやって除去されてる?

現在、カフェインの除去には主に3つの方法が使われています

【有機溶媒抽出】

1906年にドイツで開発された、世界最初の脱カフェイン法。
ジクロロメタン等のカフェインか溶解しやすい有機溶媒を使ってカフェインを抽出します。
安価でカフェインが除去できる一方で、他の成分も一緒に失われるため風味の面で劣ります。
有機溶剤の残留など、健康面への影響が問題視されており、。現状日本にはほとんど輸入されておりません
カフェインの除去率は96〜97%程度。

【スイスウォーター式】

1941年に開発され、翌々年の1943年にはアメリカで特許取得されています。
コーヒー生豆を水に浸し、水溶性成分ごとカフェインを抽出します。次にその水から有機溶媒やフィルターを使ってカフェインを抽出・除去をします。カフェインが抽出・除去された水に再度コーヒー生豆を浸し最初に失われた水溶性成分を戻します。
コーヒー生豆自体に直接有機溶媒が触れないので、残留物質による健康面への影響の心配がありません。
カフェインの除去率は96〜97%程度。

【超臨界二酸化炭素抽出】

1974年に開発された比較的新しい方法です。
圧力をかけて超臨界流体の状態にした二酸化炭素にコーヒー生豆を浸し、カフェインを抽出します。
この方法の最大のメリットは風味成分は残したままカフェインのみを除去する事ができる点です。
また、常温に戻せば二酸化炭素の除去は容易で万が一残留しても毒性はなく安全です。有機溶媒を使用しないので、環境負荷の面においてもメリットがあります。
ただ、比較的大きな設備とコストが必要なため値段もあがりやすいというデメリットもあります。
カフェインの除去率はなんと99%以上。

日本のカフェインレスコーヒーは安全!

現在、日本で出回っているカフェインレス(デカフェ)コーヒーは上記の方法のうち【スイスウォーター式】、【超臨界二酸化炭素抽出】を使って作られたものがほとんどです。
なので健康面への影響は心配しなくても大丈夫!

この機会に是非カフェインレスコーヒーを試してみてください。


カフェイン99.9%カット
「二酸化炭素による臨界抽出方式」採用
最高品質の「シングルオリジン」豆のみを贅沢に使用
妊娠中や授乳中のママさんにも安心・安全!

Decaf定期便

-コーヒー, 食品
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの知らない柑橘の世界

続々と登場する新種の柑橘。いくつ知っていますか? 近年、急速にレベルアップした新種の柑橘類。スーパーの果物売り場でも見かけるようになりましたが“知らない名前”や“値段”を見て二の足を踏んでいる方も多い …

初夏のメロンは爽やかな甘み

6月です。香りが爽やかで優しい甘みが特徴の初夏のメロン。 それが「タカミメロン」。 このシズル感である。 青肉と赤肉の両方があり(私は青肉が好き)赤肉のほうが甘いと言われる。 今年のタカミはどんな出来 …

妊婦や授乳中は カフェインを摂っちゃダメなの?

カフェインが妊婦・授乳中のお母さんや胎児・乳児の健康に様々な影響与えるということが少しづつ知られるようになってきました。 ここで少しまとめておきます。 妊婦、授乳中の母体への影響 ・栄養素の流失・高血 …

旬のいちごで美肌と健康

きれいな肌作りや妊活にも 食べて嬉しいイチゴの効果とは カフェやレストランでもイチゴのスイーツ一色に染まる時期がやってまいりました。  見た目も可愛らしく女性の人気が高い イチゴが秘める健康効果につい …

9月はブドウ3種の食べくらべ

今月のお届けフルーツ シャインマスカット 「安芸津21号」と「白南」という品種を掛け合わせて作られ、2006年に品種登録された比較的新しいブドウ品種です。従来のマスカットは食味・食感は良いが日本での栽 …