フルーツのサブスク・お花のサブスクのタウンライフマルシェ

まるまるマルシェ

タウンライフマルシェスタッフによる暮らしに役立つ情報をお届けします。
季節のフルーツのおいしいレシピや豆知識などを発信していきたいと思います。

お花の定期便通信 インテリア 生花

ラベンダーの花言葉は?|お花の意味・種類・由来

イメージ画像

ハーブの女王として知られるラベンダーは、優しく甘い香りで誰からも愛される初夏のお花です。
皆さんはそんなラベンダーには多くの花言葉がつけられていて、たくさんの種類があるということをご存知でしょうか?
今回はラベンダーの花言葉、花名の由来や品種、効能などについてご紹介します~

 

ラベンダー(Lavender)について

初夏の花(最盛期は5月~7月)

花色は紫、ピンク、白、青など。原産地は地中海沿岸。

ラベンダーは香りが強く、古くからラベンダーの花は、お風呂や衣類の香りづけに利用されてきました。ラベンダーは地中海沿岸が原産地であるため、高温多湿を嫌う性質を考えて手入れをすれば、毎年花を咲かせて楽しませてくれます。

花名の由来

香り高く「ハーブの女王」ともいわれるラベンダーは、古代ローマ時代から薬草として珍重されてきました。

属名の学名「Lavandula(ラバンジュラ)」は、ラテン語の「lavare(洗う)」を語源とし、ローマ人が入浴の際にラベンダーをお湯のなかに入れるのを好んだことにちなみます。

ラベンダーの花言葉

「あなたを待っています」、「期待」、「沈黙」、「清潔」など

花言葉の由来

「あなたを待っています」

ラベンダーには「あなたを待っています」という花言葉があります。ラベンダーという名前の内気な少女が、ある少年に恋をしたのですが、告白できずに待ち続け、最後には一輪の花になってしまったという伝説が由来とされています。

「期待」

ラベンダーは、古くからさまざまな民間療法で活用されてきました。痛みを緩和する「鎮痛作用」や、心身の緊張をほぐす「鎮静作用」、カビや菌に対する「抗菌作用」など幅広い働きが期待できるからです。そんな効果を願う人々の思いから「期待」という花言葉がつけられたのかもしれません。

「沈黙」

ラベンダーの香りは、交感神経と副交感神経のバランスを整え、心身の緊張をほぐして、リラックスさせてくれます。

そんな心を安定させる効果から、「沈黙」という花言葉が生まれたといわれています。

「清潔」

聖母マリアはイエスキリストの産着をラベンダーの香水を使って洗ったと伝えられています。

「ラベンダー」という言葉は、ラテン語で「洗う」という意味の「ラヴァンド」が由来になっているのは、そうした言い伝えがもとになっているとか。ラベンダーには抗菌作用などがあり、「清潔」という花言葉も納得できますね。

大切な人に送りたい

ハーブの女王と呼ばれるラベンダー。

「あなたを待っています」「期待」といった意味のほかに、「疑惑」や「沈黙」など、一見するとちょっと意外な花言葉もありますが、その由来を知るとすべてラベンダーの香りや美しい色に関係していることがわかりました。

古くから、大切な人に贈られてきたラベンダー。お花屋さんで見かけたら、ぜひ大切な人へのプレゼントとして贈ってみてください!

購入ボタン

【タウンライフマルシェ】:https://town-life-marche.com/

-お花の定期便通信, インテリア, 生花

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

イメージ画像

お花のおすすめの飾り方〈小分けに飾る〉

複数の花瓶に分けて好きな場所にお花を飾ってみてはいかがでしょうか。 それぞれのお花や葉っぱを自由に組み合わせて、小瓶に一輪挿しで楽しんだり、⠀口の広い花瓶にふわっと飾るなど、⠀花瓶の形もそれぞれ違うと …

イメージ画像

カーネーションの花言葉は?|お花の意味・種類・由来

母の日のギフトとして人気のカーネーション。 ただ、実は色ごとに違った花言葉を持っている、意外にもその由来を知る方は少ないのではないでしょうか? 本数によって、意味合いが変わってきますので、今回はカーネ …

イメージ画像

【2022.03.01】オフィス用お花の定期便

今回のブログでは、弊社オフィス用に毎週お届けしているお花をご紹介したいと思います。 受付カウンターと男女トイレに週替わりでフラワーアレンジメントを設置しております。 天気予報では今週末から徐々に温かい …

イメージ画像

オーニソガラムの花言葉は?|お花の意味・種類・由来

和名の大甘菜(おおあまな)とも呼ばれる「オーニソガラム」の由来はユリ科の甘菜(あまな)に花の形が似ていることと言われています。 オーニソガラムは主に南アフリカ、ヨーロッパや西アジアに自生している球根植 …

日本の「盆栽」から世界の「BONSAI」へ

中国は唐の時代に楽しまれてていた「盆景」を起源に持つ盆栽。平安時代に日本に入り、独自の進化を遂げ現在の様式になりました。しかし、育成に手間と時間がかかる為いつの間にか時間的に余裕のある熟年層がメインユ …